中古バイクはどう選ぶか

Category : 中古の娯楽品

中古のバイクの魅力といえばやっぱり新車よりも安く買えるという点です。
ですが、中古というだけによーく見てみるとちょっとした傷があったり、
ネジやパーツなども多少、ナメっていたりちょっと劣化しているなどの状態は覚悟するしかありません。
ですが、中古バイクを購入するとしてもやっぱり自分で選べる範囲で
しっかりと良さそうな中古バイクを選んで購入したいものですよね。
そこで大まかに中古バイクを選ぶ時のポイントなどを挙げてみようと思います。

予算をまずはちゃんと決めておくと良いです。
よく頑張って予算上限オーバーギリギリのつもりで購入した後に
他の諸費用や任意保険などで更に予算がオーバー。
なんて人もいるので基本的に予算はオーバーしないほうが良いということと、
予算よりちょっと少なめに設定したほうが後々にかかる諸費用のダメージが少なくなると思います。
候補を探すときは近場で見に行ける範囲の中古バイクショップを考えておきましょう。
最近では通販でも購入できて便利にはなっていますが、
後々、何か不具合が出たときとかも考えると自分で実際にいける範囲のお店で探したほうが無難です。
それに通販の場合、どんなお店かが見えない場合が多いので信用できるというお店でない限りは
利用を控えたほうが良いと思います。
いける範囲のショップの広告やページを見て気になるバイクを選びます。
ちなみにすごく安くてお買い得!って思うバイクに関してはそれなりに安くなる理由がありますので
問い合わせの時に確認をしてみましょう。
実際にお店に行ったときにメンテなどをする工場などがなかったり、
見ている間にあまりにもお客さんがいないのが当たり前みたいな空気があるお店とかは
やめておいたほうがいいかもしれません。

もちろん、店員さんもチェックです。
店員さんの対応やサービスが悪いお店を選んでしまうと後々、関わってくる時に不利に感じる事があるので
自分に合った良いと思ったお店を選ぶようにしましょう。
お目当ての車を見つけたら色々と目視でチェックしてみましょう。
大まかにはちょっと離れたところから見てみて違和感を感じないか。
後はマフラーの部分に流れるような感じの傷があったら転倒したバイクかもしれません。
後はウインカーやステップ、ハンドルの端などもちょっと見てみて気になる傷があるかどうか、
自分の許容範囲かどうかを判断するようにしましょう。
後はハンドルの高さがちゃんと左右同じか、ステップ部分も同様に同じかを確認、
そしてフォークやカウルのゆがみがないかという確認もする必要があります。
前や後ろから見てタイヤのセンターがあっているかなども確認をしましょう。
後、ちょっと参考程度にですけど、キーシリンダーのあたりやスイッチ関連の塗装などが
かなり剥げている割にメーターが少ない距離の場合、メーターが戻されている可能性があります。
後は色々と車に触って確認をしてみます。
ハンドルをフルロックまで切ってみてタンクとかにふれないか、
そしてハンドルストッパーが削れていないか、
アクセルをまわしてみて重かったり引っかかったりしたときはちょっと諦めたりします。
他にもチェーン具合をチェックしてみたり、オイル漏れがないかどうかというのも見て
問題がなかった場合、しかも購入するつもりがあるのなら
エンジンをかけてもらいすぐかかるか、アイドリングがうまく作動しているかなどをチェックします。
あくまでも今回、ご紹介した確認事項は一部分です。
他にも確認事項は色々とあるので色々な人のチェック項目を確認して選ぶ際に実践してみましょう。