掘り出し物な中古車価格

中古バイクを探している時にたまに値段でビックリすることってありませんか?
見た目に反して値段が安いと「なんで!?」と驚くことになると思いますが、
こういった驚いてしまうような価格の場合(安さの場合)、もし、状況によっては購入したいと思った場合には躊躇せずに店員さんに理由を聞いてみることが大事です。
思い切って聞いてみることで結構、掘り出し物のお得な中古車の場合があったりもします。
まず、最初にある例としては言わずと知れたいわゆる「いわくつき」の中古車の場合。
間違いなく事故車ですというケースです。
こういったケースは言うまでもなく興味を持ってはいけません。
その場合は本当のところが聞けてよかったと思いつつ、他のバイクなどを見ながらその売り場を去っていくしかありません。
この場合の安さは異常に安いケースもあるのでわかりやすいかもしれませんね。
他にも安いケースがあります。それは旧式のモデルだという都合で安くなるケースです。
モデルチェンジの都合でチェンジ前のバイクは安くなるケースがあるのです。
中にはチェンジ前の新車の状態のものが安く購入できたりするケースがあったりするのでこの場合はかなりお買い得だったりします。
以前、マイナーチェンジ前のバイクをかなり安く購入することが出来たことがあります。
何故か新古車扱いだったのでちょっとだけ使ったのでしょうか。
でもありえない安さの割りに新車とそれほど変わらず乗ることが出来ました。
今、ちょっとご紹介をしましたが、もう一つ、注目するポイントとしてこの新古車です。
新古車はほとんど乗られていない、つまり新車に近い状態なのに中古車として販売されているケースです。
よく、新古車として販売されているバイクで多いケースはバイクの試乗会などがあって、その試乗会などで使われていたバイクなどが新古車品として売られているケース。
もうひとつは最初に新車で購入をしたのだけれど、前の所有者があまり乗らないで売却をしたケースというのも新古車として販売されるケースとして多いです。
このモデルチェンジ前やマイナーチェンジ前のバイクを安く買えるというのはまれなので、あくまでも一例としてみていただければと思います。
試乗用で使われていたバイクよりはあまり乗らないで売却されたというケースのバイクの新古車のほうが多いかもしれません。
前のオーナーの保管状態によって調子が違ってくると思います。
これらの安く購入できるケースの場合、状態が良いにも関わらず10万、20万と安く購入することができるケースもあるのでかなり掘り出し物だと思います。
こういったバイクに出会えるケースは多分、たまたま見かけたのがきっかけで購入というケースだと思います。
というのもたいていは結構、早く売れてしまうので、本当にタイミングなんだと思います。
なので、たまに中古バイクのお店などに足を運んでチェックするっていうのは大事だったりするのです。