中古の一戸建ては注意がいる

中古の一戸建てを買う際の注意点

これから一戸建て住宅を中古で買う場合には気をつけておきたいことがあります。
一戸建てを新築で買うとなればかなりの金額となりますが、中古となればまだ手が届きやすいということでどうにかなるケースもあるものです。
そのため、中古に注目して家を探す方法は正しいと言えますが、おかしな家をつかまないことも大事です。

中古とはいっても、それが一生ものの買い物になることが多いわけですし、いくら中古であってもその価格はかなり大きなものになってくるはずです。
そのため、絶対に失敗したくないと考える人が多いとおもいますが、そのためにはノウハウも持っておくべきです。

1981年よりも前かあとか

そして、日本国内の一戸建てを買う場合に、最も気をつけておきたいのが1981年よりもあとに建設された物件かどうかです。
この年を境に対清に関する基準などが見直され法整備がすすめられたという歴史があります。
このため、1981年度はとても重要なものとなっており、この年以前に建てられた物件とそのあとに建てられた物件では大きな差があるのです。

当然ながら、この年よりもあとに建設されたものは耐震上の設計が厳しくなっているのです。
そのため、震災大国である日本においてはこのポイントがとても重要となります。
料金的にもかなり差がありますので、安いからといって買ってしまうと後悔することになるかもしれません。

耐震工事をあとからおこなったのでは余計にお金がかかってしまうことも考えられますので、そうならないようにしておきましょう。

一戸建ては古いものも多数ある

マンションの場合にはまだ新しいものが多いということもあるのですが、一戸建ての住宅の場合にはかなり古いものも出回っています。
値段が安いからと食いついてしまうと、そうしたものをつかんでしまうおそれがありますので、くれぐれも気をつけておいてください。

家というものを買う際に急いでしまうことは最も避けておきたいことなので、これ以外のことでも適当にチェックするようなことは避けておきたいものですが、特に気をつけておくべきポイントですからこの点だけは絶対に忘れないようにしましょう。
耐震というものは日本においては住宅選びの一つの基準となります。
そのほかの点で妥協をしたとしてもこのポイントだけは妥協しない方がいいとも言えます。

数多くの物件があり、それぞれの物件の情報に目を通すことになるとおもいますが、後悔のない家を買いたいということであれば、数ある中古物件の中から耐震性に問題のない中古の一戸建て住宅を選んでおきましょう。
そうしておくことが自分自身のためになるのです。
これから探す際にはとにかくこの点を覚えておくべきです。