中古の娯楽品

楽器は掘り出し物が見つかる?

By |

楽器を中古で購入する。 これはよくあることです。 一見、聞いていると楽器って新品を購入したほうがよいのではないでしょうか? といった疑問を持つ人もいるかもしれません。確かにそうなのかもしれませんが、 モノによっては中古での購入になるほうが多くなるケースもあります。 楽器での中古品の場合、色々とデメリットがあります。 例えば、ギターやベースなどの弦楽器に関しては売却前の元の持ち主の管理具合でかなり変わってきます。 特に管理に気を使っていないとネックが反ってきてしまうという状況になったりします。 でも、弦楽器を使っている人で使用後にちゃんと弦を緩めたり湿度に常に気を使ったりという状態での 管理をしている人ってそんなにいないと思います。 他にはピックアップやボリュームなどの配線関連のトラブルがあるといった可能性があったり、 キーボードや電子ドラムなどのなどの電子楽器の場合は一部、故障してる箇所がある部分もあったりする 可能性があったりします。使いたいのに使えない機能があるというのももどかしいですが、 昔のもう製造していないキーボードなどに関しては多少、壊れててもいいから購入したいという人もいますので、 結構売れたりするのです。 ちなみに大抵のお店ではこういった問題箇所はちゃんと提示して販売していますので、 了承して購入しているケースが多いです。 ドラムなどはパットが伸びている程度で他にはそれほど問題はなかったりします。 こういったデメリットが中古楽器の場合はあるのですが、中古楽器は結構購入して使っている人もいます。 楽器を愛用している人などは購入してから自分でピックアップなどを交換したり、 塗装をはがして自分仕様のギターに改造する人もいます。 そうなると次は間違いなく買取不可の状況になりますが、 自分だけのオリジナルギターを作る人もいたりするのです。 後は、中古楽器の使い込んだ風合いを気に入ってわざと中古楽器ばかり買う人もいます。 例えば、新品の時には白に近いクリーム系のカラーだったギターが月日の経過と共に ちょっと茶色い感じになっていく、こういったビンテージ感というのは人工で使用感を出そうとしても なかなか無理な場合が多いので使用年月の経ったビンテージ仕様の楽器を購入するケースもあります。 後は状況的に確実に中古品になってしまう楽器もあります。それはもう販売していなくて 人気のある楽器は安くなるどころか高くなります。ギターなんかは特に値段を見てもらうとわかるように、 何十万、何百万するケースもあるのです。 中にはこういったもう購入できない楽器を買う人がいます。なので、楽器に関しては、 状況によって中古品がおすすめということになります。 楽器の中古などは在庫の入る具合はタイミング的な出会いになると思いますが、 で時マートやTHE中古楽器屋、石橋楽器の中古ショップ、下倉セカンドハンズ、島村楽器など、 たくさんの中古楽器屋がありますので、もしお目当ての楽器があるようであれば 根気よく探してみるといつか見つかると思います。