No image

良質な中古車の見分け方

中古の自動車を買うときには決して安い買い物ではないので、できるだけ品質の良い物を買いたいという願いがあるわけですが、一般的な人の場合には中古車を買う際にどのような部分に着目すればいいのかわからないものです。
しかし、そんな素人でも品質の良い中古車を見分ける最低限の方法は存在しています。
そのため、ここではそうした方法を可能な範囲でお教えしていきましょう。

まず、絶対にやってはいけないのが見た目だけで買うことを決めてしまうパターンです。
新車であってもありえないのですが、試乗をしないで中古車を買うのは絶対にやめておきましょう。
エンジンをかけて軽く走らせてもらうだけでも違いますので、その点は忘れないようにしましょう。

自動車の場合には、エンジンの音や走った際の振動などによって、その車に異常がないかどうかわかるケースが多いのです。
あまりに揺れるならば問題ですし、排気ガスの色などがおかしい場合も問題です。
また、エンジンがスムーズにかかるかどうかということも重要なチェックポイントとなります。
こういったチェックをきちんと行う癖をつけるようにしておきましょう。

走行距離をチェックする

そして、そのような作業もある上で車の外見を見ていきましょう。
車を見る際には事故歴がないかどうかをチェックしたり、走行距離を見ます。
事故をおこしている場合には避けておくのが無難ですが、走行距離に関しては年式と価格を見比べながら自分で受け入れられるかどうかを考えてみましょう。

また、お店によっては走行距離を短くしているケースもあります。
メーターをいじっている可能性もありますので、各種書類と照らし合わせてみましょう。
そして、もしもメーターをいじっている気配があれば、そのお店の利用は避けておくべきかもしれません。
やはり、どんなことであっても正直に商売しているお店のほうが安心できるはずです。

事故歴をチェックする

また、事故歴に関しては書類に記入がない場合であっても車体の歪みなどを見てみてください。
正面から見てどうもバランスがおかしいというような場合には、事故を疑ってみてもいいかもしれません。
こういうことも隠しているようならそのお店は疑うしかありません。

中古車を扱うのはディーラー系のものがありますが、こうした店の場合にはさすがにおかしなものを売ったりしませんから、すでにほしい車種が決まっているという場合にはこのようなお店に行ってみてはどうでしょうか。
ただし、いろいろなメーカーの車をみながら決めていきたいということであれば、ディーラー系以外の中古車販売店に行ってみましょう。
あらゆるメーカーの中古車が並んでいますので、最適な車体が見つかるはずです。

二台目の契約はセカンドカー割引を利用する

ファミリーの場合は、もう一台欲しいけれど、新車は高いから中古で購入という場合も少なくありません。
もちろん、一台目は自動車保険に加入しているはずなので、もし中古で二台目を購入した場合も、必ず自動車保険に加入しましょう。
その場合は、セカンドカー割引で契約すると、保険料を安くすることができます。

セカンドカー割引とは複数所有新規割引制度のことで、2台目以降の自動車が新しく自動車保険に加入する際、割引が適用されます。
通常、初めて自動車保険に加入した場合、自動車保険の割引制度であるノンフリート等級は6等級からスタートします。
しかし、セカンドカー割引を適用すると、2台目の自動車の等級は7等級からになるのです。
1等級だけでも等級が変われば保険料が安くなるので、セカンドカー割引を適用したほうが安く契約できます。
評判の高い自動車保険ランキングより引用

維持費や車検などで費用がかかる車ですが、こうした割引を最大限に利用して、中古車でも大切に、長く乗れるようにしたいですね。

Similar Posts